株式会社コーケン 壊さなくてもわかる真実があります。
非破壊検査沿革・概要採用情報お問い合わせ

非破壊検査

壊してわかることは、壊さなくてもわかります。でも、壊してもわからないことでも、壊さなくてもわかることがあります。身近なモノで、非破壊検査をご覧ください。
(写真にカーソルを合わせて、非破壊検査をご確認下さい) 戻る123次へ

磁粉探傷試験
金属の磁気的性質を利用して、検査物を磁化し、表面及び表面近傍に発生したきずに磁粉を吸着させ微細なきずを拡大し目視で観察する"試験方法で、肉眼では見えない微細なきずを極めて高い精度で検出することが可能です。
当社では保守、開放検査をはじめとして表面検査の幅広い分野で活用しております。


磁粉探傷試験
浸透探傷試験
毛細管現象により開口した表面きずに浸透液が浸透する現象を利用して、微細な表面きずを検出する試験方法です。
磁気探傷試験の出来る材質は、強磁性体に限られるのに比べ、金属材料のみならず、プラスチック等の非金属材料にも適用可能な試験方法です。試験用機材も手軽で、簡便なことから多くの現場(建築、保守点検、新設)作業に数多くの利用されております。

浸透探傷試験
真空漏洩試験
真空ポンプとチャンバーを使用して、溶接構造物に発泡剤を適用することで貫通欠陥を探す試験方法です。
隅肉溶接部等漏洩試験をしにくい部位の試験に適応したチャンバーを製作し顧客の要求に応えています。
プールの漏洩試験に多数の実績があります。



真空漏洩試験状況
 

HOMEPAGE TOP
個人情報保護方針サイトマップ COPYRIGHT(C)2006 KOHKEN CO.,LTD. ALL RIGHT RESERVED.